お知らせ

  • 本を探す
  • お知らせ
  • デジタルライブラリー
宇佐市民図書館
〒879-0453
大分県宇佐市大字上田1017-1
TEL:0978-33-4600
FAX:0978-33-4679

株式会社ゼンリン様より創業者“大迫正冨”氏ならびに2代目社長“大迫忍”氏の資料をいただきました。

 

株式会社ゼンリンの創業者の大迫正冨氏は宇佐市麻生出身です。
9月11日(金)に、社長室長の柏木常務が当館に資料の贈呈においでになりました。
市販されていない貴重な資料です。
頂いた資料は、郷土スペースに棚を設けて保存する予定です。
※現在、貸出準備中です。資料の装備が整い次第、館内に配置します。

 


※配置イメージです※

 

『永劫の星と輝く〜大迫正冨の生涯〜』という書籍によると、
創業者・大迫正冨社長は、小学校3年から台湾に渡ったそうですが、
母校の麻生小学校へ昭和46年から毎年児童図書(10万円)を寄贈。
「大迫文庫」は1700冊ほどあったようです。
また、隔年で3年生以上の親子を北九州市へ招待し、工場見学などをしています。
葬儀でも麻生小学校の児童が弔辞を読むなど、母校と親密な交流があったことがわかります。
( 麻生小学校は、現在休校中です。 )

 

2代目社長の大迫忍氏も、「本を一日一冊読むことに決めた」など、読書家であったようです。
ゼンリン本社には大迫正冨氏の銅像があり、創業の地は別府市であり、北九州市に本社があることから、
現在も大分県出身者は多いそうです。

宇佐市民図書館からは、頂いた資料のお礼として、
『宇佐ふるさとの歴史』や宇佐学マンガシリーズをゼンリン本社に贈呈することにいたしました。
柏木常務も「社長室に置き、社員が宇佐市のことを学べるようにしたい」とのことでした。

図書館も大急ぎで本を提供できるよう、準備しております。
皆様も宇佐市民図書館で大迫氏の生涯や株式会社ゼンリンの歴史について学んでみませんか?

 

ちなみに、宇佐市とゼンリンは防災協定を締結しました。

株式会社ゼンリンと防災協定を締結しました。( 宇佐市ホームページより )

他市よりも早く締結できたのは、創業者が宇佐市出身だったことも大きな要因になっています。 

 

 

ページの先頭へ戻る